高温トライボメーター 摩擦摩耗試験機

トライボメータプラットフォームで利用可能ないくつかの高温トライボロジー、摩擦、および摩耗テストモジュール。
高温トライボロジーチャンバー
Home > トライボメーター 摩擦摩耗試験機 > Applications > 高温トライボメーター 摩擦摩耗試験機

詳細なモジュール情報

モジュールの特徴
  • 室温から最大1200°Cの温度範囲
  • 高温の合金構造
  • 同じプラットフォーム上の複数の交換可能なモジュール。
  • 無視できる熱ドリフト
  • 断熱されているチャンバーでの安全な操作。
なぜ研究するのですか。 エンジン、タービン、航空宇宙、発電所構成部品、熱間圧延、セラミック、燃焼機関、および材料が高温にさらされる金属合金などの用途では、高温での材料のトライボロジー、摩擦、および摩耗特性を特徴づけることが重要です。 高温トライボメータモジュールは、1200°Cまでの材料とコーティングの摩擦、摩耗、硬度を研究します。 テストは、広範囲の動き、負荷、および速度で実行できます。
ご質問はございますか

    1つのプラットフォームで様々な試験方法

    Rtec Instrumentsの高温トライボメータは、同じプラットフォーム上に交換モジュールを提供します。 いくつかの高温トライボロジーアプリケーションをシミュレートするための広い負荷範囲mN〜5000N。 モジュールとテスト条件の選択は、最終的なアプリケーションによって異なります。

    データ解析

    グラフは、使用条件をシミュレートするために特定の金属合金の高温条件での摩擦係数を示しています。
    1000°Cでの高温データ

    解決策

    複数の構成があるため、高温テストは幅広い業界で実現されています。
    • 航空宇宙
    • 自動車
    • セラミック
    • ハードコーティング
    • 潤滑剤
    • 金属
    • 発電所
    • コーティング
    RtecInstrumentsの多機能トライボメーター 摩擦摩耗試験機 MFT-5000
    MFT-5000にはさらに多くの機能があります
    多機能トライボメータを詳しく見てみましょう。

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved