トライボコロージョン 腐食摩擦試験 ASTM G119

電気化学セルとトライボロジーおよび摩擦腐食研究用のスクラッチセットアップとの統合。

Rtec トライボメーター 摩擦摩耗試験機による腐食データ
Home > トライボメーター 摩擦摩耗試験機 > Applications > トライボコロージョン 腐食摩擦

トライボコロージョン 腐食摩擦モジュール

ご質問はございますか

    特徴

    トライボコロージョン 腐食摩擦試験には、テスト機能を向上させるためのさまざまな機能が含まれています。
    \
    電気化学セル+トライボメータの組み合わせ
    フローティンググラウンド統合ポテンシオスタットには、広い電流、電圧、および発振周波数範囲が付属しています。
    \
    トライボコロージョン 腐食摩擦試験
    同じプラットフォーム上で様々なテストモードで摩擦腐食を研究します。
    • トライボロジー
    • スクラッチ接着
    • 硬度
    • フレッチング
    \
    テストサンプル
    独自の設計により、上部または下部のサンプル(作用電極)を使用できます。

    分析

    セットアップ
    鋼の摩耗と腐食の相乗効果を調査するために、テストは陰極防食条件と非陰極防食法の条件下で実施されました。 70°Cで3つの異なる負荷条件(2 Hzのスライド周波数で10、100、200 N)を実行しました。 電気化学的分極摩擦腐食試験は、標準のAg / AgCl参照電極と白金対極を使用して実行されました。
    OCP – Open Circuit Potential (Ecorr)
    以下のプロットは、統合されたポテンシオスタットから得られた開回路腐食電位、Ecorrを示しています。
    トライボメータの摩擦腐食ターフェルプロット
    結果
    下の図は、陰極分極条件と非陰極分極条件の摩耗率の違いを示しています。 摩耗率の違いは、試験中に使用された化学的性質の相乗効果を示しています。
    結論
    この腐食トライボロジーテストは、摩擦腐食研究の重要性を示しました。 機械的試験と機械的試験+腐食試験の間に起因する摩耗損失率は大幅に異なっていました。
    Rtec トライボメーター 摩擦摩耗試験機による腐食データ

    解決策

    摩擦腐食試験のセットアップは、幅広い業界で広く使用されています。
    • バイオ材料
    • コーティング
    • 潤滑剤
    • 材料
    • 金属業界
    RtecInstrumentsの多機能トライボメーター 摩擦摩耗試験機 MFT-5000
    MFT-5000にはさらに多くの機能があります
    多機能トライボメータを詳しく見てみましょう。

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved