MFT-5000プラットフォームでHFRR試験

リアルタイムの加重とストロークの制御、ピエゾセンサー、および広い温度範囲を備えた次世代のHFRR試験機。
3

MFT-5000でのHFRRテスト概要

主な特徴
  • サーボ制御負荷
  • インライン摩擦、アコースティックエミッション
  • ピエゾ負荷センサー
  • 環境管理
この次世代の高周波往復試験機HFRRテストモジュールは、リアルタイムでプログラム可能な力制御、リアルタイムの摩擦を測定するピエゾセンサー、インラインの総摩耗痕の深さ、広い温度範囲、およびボイスコイルアクチュエータを備えています。 テスターは主にディーゼル燃料の潤滑性を評価するために使用されます。 使いやすさ、プログラム可能なダウンフォース制御、高度なセンサーにより、このテスターは信頼性と再現性が高くなっています。
ご質問はございますか

    ASTM, DIN, ISO 対応

    高周波往復動モジュールHFRRは、ディーゼル燃料の潤滑性を評価するのに最適です。
    フレッチングテストモジュール

    HFRR試験 解決策

    MFT-5000のHFRRモジュールは、さまざまな業界で広く使用されています。
    自動車
    • オイル、潤滑油、添加剤のテスト
    • エンジン関連のテスト
    潤滑油
    • HFRR
    • オイル、潤滑油、添加剤のテスト

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved