MFT-5000でフレッチング試験

ボイスコイルアクチュエータとピエゾセンサーによるフレッチングテスト。 10 µmストロークからのフレッチング摩耗を調べます。
フレッチングテストモジュール
Home > トライボメーター 摩擦摩耗試験機 > Applications > フレッチングテストモジュール

フレッチング摩耗試験機の概要

主な特徴
  • 10μmから2.8mmのストローク
  • 最大300Hzの周波数
  • 高周波摩擦センサー
  • フレックスベースのデザイン
フレッチングとは何ですか。 接触面間の小さな振動運動は、接触ゾーンに摩耗粉の蓄積を引き起こし、摩耗プロセスをスピードアップします。 航空宇宙、自動車、機械などのいくつかのアプリケーションでは、フレッチング摩耗がよく見られます。 Rtecフレッチングソリューション。最先端のフレッチングテスターモジュールは、MFT-5000プラットフォームに取り付けられます。 業界で比類のないストロークと周波数のを提供します。 300 Hzの周波数で10ミクロンから制御されたストロークにより、業界と大学の両方の研究にとって理想的なフレッチング摩耗試験機になります。
ご質問はございますか
    多機能トライボメータのフレッチングモジュール

    特徴

    幅広い負荷範囲、ストローク、および速度制御により、多くのアプリケーションでフレッチング摩耗の研究が可能になります。
     
    \
    ボイスコイル
    電磁アクチュエータは線形往復運動を与えます。 テストによってはコイルを2つにして摩擦力の範囲を2倍にします。
    \
    比類のない波形制御
    ローリングやベアリングの摩擦がない磁気フレクシャベースの設計により、最も感度の高いテストに必要な制御が提供されます。 独自のコントローラーが摩擦の変化に適応し、ストローク制御をリアルタイムで維持します
    \
    摩擦力測定
    リアルタイムの摩擦を測定するための高周波ピエゾセンサーが付属しています。 超低ノイズアンプにより、摩擦の微妙な変化をリアルタイムで簡単に検出できます。

    データ解析

    当社のフレッチングモジュールを使用して、小振幅および高周波数での摩擦、摩耗、フレッチング疲労試験を最適化します。 このモジュールは、研究者やQCエンジニアが利用できる強力なツールです。
    テスト中に生成されたフレッチングループ
    フレッチングループ
    リアルタイムの摩擦を示す試験機データ
    リアルタイム摩擦力(300Hz)
    フレッチング摩耗
    フレッチングマーク

    解決策

    フレッチング機能は非常に用途が広いため、幅広い業界で広く使用されています。
    • 航空宇宙
    • 自動車
    • 半導体
    • バイオ
    • 医薬品
    • 金属、セラミック、ポリマー
    • 光学、レンズ
    • 潤滑剤

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved