3D-scratch-test-full-delamination-by-scratch-teser-smt-5000

3Dスクラッチ試験機

スクラッチ試験機は、スクラッチ接着力と凝集力、スクラッチ硬度、スクラッチ抵抗、およびナノ、マイクロ、マクロの力の範囲での硬度を測定します。 特許取得済みのインライン3Dプロファイラーと組み合わせる。 nmからmmの厚さのバルク材料またはコーティングを試験します。
3

3Dスクラッチ接着試験機 SMT-5000 概要

主な特徴
  • 1つの筐体でナノ、マイクロ、マクロレベルのスクラッチ範囲
  • 各スクラッチの3D表面パノラマ画像
  • 特許取得済みインライン3Dイメージング
  • 法線力と接線力が標準で、サンプルの上で測定されます
  • 3Dプロファイラー(表面形状測定機)とスクラッチデータの自動相関
バルクまたはコーティングされた表面の機械的挙動をスクラッチで定量化するように設計されています。 SMT-5000スクラッチ試験機は、スクラッチの付着力と凝集力、スクラッチ硬度、耐傷性、硬度を測定します。 さらに、スクラッチ試験機は、ナノ、マイクロ、およびマクロスケールでマルチパス摩耗を測可能にします。 インライン統合3Dプロファイラー(表面形状測定機)により、高解像度で分析できます。 プロファイラーは、測定された特性に対する粗さ、特徴などの影響を相関させます。
ご質問はございますか

    他に類を見ない3Dスクラッチ試験機

    ニーズに合わせてカスタマイズ可能
    交換可能なナノ、マイクロ、マクロスクラッチ測定モジュール
    加重範囲はmNから200N(MFT-5000筐体選択で高加重化が可能)
    特許取得済みのインライン3Dプロファイラー
    高解像度 分解能ナノメートルプロファイラーデータとスクラッチテストデータを自動的に組み合わせる3Dプロファイラー(表面形状測定機)
    下部の変更可能な動き
    直線、回転、またはオリジナルの動きでスクラッチテストします。
    scratch-tester-smt-5000
    XY ステージ
    テストサンプルはテスト位置と3Dイメージング画像デバイス位置の間で移動可能。低速往復テストを実行する高精度の210 mmXYステージ。
    上部(Z方向)構造
    テストモジュールと3Dプロファイラー(表面形状測定機)を移動調整するための高解像度エンコーダを備えた高精度のZ軸モーションドライブ。
    プラットフォーム(筐体)
    優れた使いやすさを実現したオープンプラットフォーム構造。 大規模なサンプルテスト数、大型サンプルまたは完全な製品を設置してテストする機能。

    インライン3D画像の自動ステッチ(繋ぎ合わせ)

    スクラッチデータの視覚化。 障害点をさらに分析してから、スクラッチデータに関連付けます。
    スクラッチ試験機でのスクラッチ接着試験後のコーティング不良データ
    スクラッチの終わりに多機能スクラッチ試験機 SMT-5000はサンプルを光学3Dプロファイラー(表面形状測定機)の下に自動的に移動して、スクラッチの完全な3Dパノラマを作成します。 測定ヘッドと3Dプロファイラーの組み合わせにより、引っかき傷の体積、深さ、残留変形、粗さ、体積摩耗の測定、および大凡ナノメートルの分解能での障害点を明確に決定します。 プロファイラーのタレットに最大5つの対物レンズを取り付けて複数の倍率を同時に設置できます。

    1つの筐体上の交換可能なスクラッチ試験ヘッド

    測定ヘッドを簡単に交換できるため、同じ筐体でナノスクラッチ、マイクロスクラッチ、マクロスクラッチに対応できます。
    ナノスクラッチ 試験ヘッド UST-1 最大荷重 1000mN
    マイクロスクラッチ 試験ヘッド UST-40 最大荷重 40N
    マクロスクラッチ 試験ヘッド UST-200 最大加重 200N

    摩擦、摩耗、およびコーティングの失敗データの相関関係

    テスト前の画像
    サンプルは3Dプロファイラー(表面形状測定機)の下を移動して表面の形状を測定します
    スクラッチテスト
    事前に決定された試験レシピを使用したスクラッチが実行されます
    テスト後の画像
    サンプルは3Dプロファイラー(表面形状測定機)の下を移動してスクラッチ領域を分析します
    レポート
    故障、接着、摩擦、凝集、粗さの特性を自動的に視覚化します。 残留深さ、体積摩耗、および永久変形は簡単に計算できます。
    スクラッチ接着データと組み合わせたパノラマ画像を示す3Dスクラッチ試験機データ

    特許取得済み 統合4モード3Dプロファイラー(表面形状測定機)

    プロファイラー(表面形状測定機)は、スクラッチやインデントマークを高解像度で画像化するように最適化されています。 透明、ガラス、鏡、粗い、滑らかな、急な傾斜など、あらゆるサンプル表面を簡単に画像化するためには自動複数画像化モードの選択をします。

    暗視野モード
    顕著なコントラストで表面の亀裂を検出できます
    白色光干渉計モード
    平らな面の高解像度画像を可能にします
    ラムダユニバーサル3Dプロファイラー
    回転ディスク共焦点顕微鏡モード
    急な斜面、透明、暗い、または粗い表面を測定します
    明視野モード
    高解像度とリアルカラーの2Dプロファイル

    荷重プロファイルとカスタムモーション

    荷重プロファイル: 線形の増加または減少、ステップ、またはユーザーが作成した荷重プロファイル。 加えられた法線力と結果として生じる摩擦力は、高い熱安定性を備えた正確なNISTトレーサブルセンサーを使用して測定されます。
    様々な動き: 自動210x150mm XYステージは、単一または複数のサンプルに対して複数のスクラッチを自動的に実行できます。 スクラッチテストは、直線、曲線、円形、ジグザグなど、あらゆる動きを実現するようにカスタマイズできます。
    3DスクラッチテスターでRockwell Tipを使用したスクラッチテスト
    Rockwell Tip スクラッチ
    切削工具を使用したスクラッチ接着試験
    カッティングツール スクラッチ

    センサーとチャンバー

    アプリケーション固有のソリューション
    環境チャンバーとさまざまなセンサーは、実際の使用環境を再現する多数のテストバリエーションを作成します。
    \
    ECR(接触電気抵抗)
    スクラッチ中の電気抵抗の変化を測定することにより、コーティングの障害点を特定します。
    \
    AE(アコースティック・エミッション)
    スクラッチ時の衝撃振動を測定することにより、脆性材料の故障を特定します。
    \
    腐食の設定
    スクラッチ腐食の研究を可能にします。
    \
    環境チャンバー
    温度、湿度など。
    \
    追加センサー
    コーティングスクラッチ接着試験機のさまざまなセンサーは、テスト中の詳細情報を提供します。

    解決策

    SMT-5000 3Dスクラッチ試験機は、幅広い業界で広く使用されています。
    航空宇宙
    • 溶射コーティング
    • タービン、エンジン、コンポーネント
    • 防食コーティング
    自動車
    • Marr 抵抗
    • 溶射コーティング
    • DLC
    • 塗料
    生体材料
    • 生体適合性コーティング
    • 医療機器
    • 関節
    • バルブ・ポンプ
    セラミック
    • セラミックコーティング
    • バルク材料
    ハードコーティング
    • 切削工具
    • 溶射
    • DLC
    金属
    • バルク材料
    • コーティング
    • テクスチャード加工された表面
    光学、ガラス
    • レンズ
    • タッチスクリーン
    • 消費財
    製薬
    • タブレットのコーティング
    ポリマー
    • Marr 抵抗
    • コーティング
    • バルク材料
    半導体
    • スクリーン
    • 薄いコーティング
    • 保護コーティング
    • 消費財

    スクラッチ試験機とは

    Rtec Instruments SMT-5000スクラッチ試験機は、ナノ、マイクロ、およびマクロのスケールで引っかき接着性、引っかき硬度、および引っかき耐性を評価します。 SMT-5000が一般的なスクラッチテストの質問については、以下をお読みください。
    scratch-tester-smt-5000

    スクラッチ試験に使用されるツール

    材料の表面にスクラッチを実行するために、鋭い先端を持つスクラッチ試験機が使用されます。 試験機は、鋭い先端の下でサンプルを一定の速度でスライドさせながら、力(一定または変化する可能性があります)を正確に適用および制御します。 この動きの組み合わせにより、スクラッチが作成されます。 多くの場合、使用されるチップ(圧子)はダイヤモンドでできており、硬い材料に傷を付けることができます。

    スクラッチ試験はどのように実行されますか

    スクラッチは、既知の形状のダイヤモンドチップを対象のサンプルの表面上にドラッグすることによって作成されます。 チップが表面に沿って移動すると、チップにかかる通常の荷重が直線的に増加し接触が増加します。 スクラッチに続いて、スクラッチ全体の画像が撮影され、さまざまな変形と破損が分析されます。 障害が発生する通常の負荷は、クリティカル負荷と呼ばれます。

    スクラッチ抵抗とは

    スクラッチ抵抗は、スクラッチ試験によって生じる変形に抵抗する材料の特性です。 これは多くの場合、材料の表面に残された永久変形を使用して定量化されます。 あまり一般的ではない分析では、テスト中の表面の弾性変形も考慮されます。 これらの値は、チップを材料に浸透させるか、テスト前後の3D画像の比較を使用して見つけることができます。

    スクラッチの付着をどのように測定しますか

    基板上に堆積されたコーティングの場合、スクラッチ試験によりコーティングと基板の間の接着を定量化することができます。 先端にかかる垂直力を増加させてコーティングの破損を引き起こすことにより、ユーザーは通常、コーティング/基板システムの粘着性と接着性の破損を区別できます。 凝集破壊はコーティングの強度を示し、接着破壊はコーティングの基材への接着の直接的な尺度です。

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved