MFT-5000プラットフォームでの3Dスクラッチ

統合された3Dプロファイラーによるモジュール式で用途の広いコーティングスクラッチ試験評価。
3
Home > トライボメーター 摩擦摩耗試験機 > Applications > スクラッチ試験モジュール

MFT-5000の3Dスクラッチテストの概要

ご質問はございますか

    コーティングの密着性、スクラッチ、傷の耐性

    ハードコート用スクラッチ試験機データ

    摩擦、摩耗、およびコーティング不良データの相関関係

    テスト前の画像
    サンプルは3Dプロファイラー(表面形状測定機)の下を移動して表面の地形を測定します
    スクラッチ試験
    事前作成されたレシピを使用し、単一または複数のスクラッチテストが実行されます
    テスト後の画像
    サンプルはプロファイラー(表面形状測定機)の下を移動してスクラッチ領域を分析します
    レポート
    自動画像、接着、摩擦、深さ、および粗さの相関レポートが作成されます。
    スクラッチ接着データと組み合わせたパノラマ画像を示す3Dスクラッチ試験機データ

    3Dスクラッチnmからmm、厚いコーティング、および高温試験

    スクラッチテスターでのスクラッチ接着試験後のDLCコーティング不良データ
    スクラッチテストでは、球形またはカスタムチップを使用したテストが必要なサンプルに荷重をかける必要があります。 荷重が加えられている間、サンプルは一定の速度で移動し、摩擦(Fx)、荷重(Fz)、摩擦係数(COF)、変位(Z)、アコースティックエミッション(AE)、温度などのいくつかのパラメーターがで測定されます。

    センサー&チャンバー

    アプリケーション 解決策
    環境チャンバーとさまざまなセンサーは、実際のシナリオを再現する多数のテストバリエーションを作成します。
    \
    センサー
    コーティングスクラッチ接着テスターのさまざまなセンサーにより、テスト中により多くの情報を収集できます。
    \
    ECR(接触電気抵抗)
    スクラッチ中の抵抗変化を見て、コーティングの不良点を測定します。
    \
    AE(アコースティック・エミッション)
    スクラッチ中の音声信号を測定します。これは、コーティング不良の始まりを示している可能性があります。
    \
    ポテンシオスタット
    スクラッチコロージョン(腐食)の研究を提供します。
    \
    環境チャンバー
    温度、湿度など。
    スクラッチテストセットアップ
    インラインプロファイラー(表面形状測定機)によるスクラッチセットアップ
    3DスクラッチテスターでRockwell Tipを使用したスクラッチテスト
    Rockwell Tip スクラッチ
    切削工具を使用したスクラッチ接着試験
    カッティングツール スクラッチ

    解決策

    複数の構成があるため、MFT-5000は幅広い業界で広く使用されています。
    航空宇宙
    • 溶射コーティング
    自動車
    • Marr 抵抗、スクラッチ接着
    • 溶射コーティング
    生体材料
    • スクラッチ抵抗
    セラミック
    • スクラッチ抵抗
    ハードコーティング
    • スクラッチ抵抗
    金属
    • スクラッチ硬度
    • スクラッチ抵抗
    光学、ガラス
    • スクラッチ抵抗
    製薬
    • スクラッチ抵抗
    ポリマー
    • スクラッチ抵抗
    半導体
    • スクラッチ抵抗

    もっと知りたいですか?

    ご質問など、お問い合わせください。

    © Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved