真空トライボメーター

MVT-2 多機能真空トライボメータ
摩擦摩耗試験機

広い負荷と速度範囲で真空環境下でトライボロジーを研究します。 同じプラットフォームでの極低温冷却から高温テストまで対応します。
3

Home > トライボメーター 摩擦摩耗試験機 > 真空トライボメーター

概要

主な特徴

  • 10-7 Torr真空
  • mNから200Nの摩擦と荷重
  • -150°Cからの極低温冷却
  • 交換可能なトライボロジー、硬度、スクラッチモジュール
  • 最大400°C(1000°C)の温度範囲

真空トライボロジーが選ばれる理由。宇宙、半導体、航空宇宙、薄膜の進歩により、真空下での材料とコーティングの特性に焦点を当てたいくつかの研究が行われています。真空下での表面の摩擦、摩耗、および付着は、周囲条件と比較して大きく異なります。次世代の真空対応部品や材料を開発するには、実際の用途に近い条件下でそれらをテストする必要があります。

Rtec Vacuum Tribometer MVT-2は、真空条件下での材料特性の分析のために、広い力、速度、およびテスト温度範囲を備えています。特許取得済みの力センサーを備えた独自の設計により、高精度と再現性のあるデータを作成します。オープンフェイスデザインは、サンプルを変更しながらチャンバーの完全なビューを提供します。同じプラットフォームで、ピンオンディスク、ボールオンディスク、線形往復テストなど、いくつかの一般的な摩擦潤滑および摩耗テストを実行します。独自の設計により、同じプラットフォームでインデント、スクラッチ、トライボロジーのテストを実行できます。真空チャンバーにはさまざまな標準構成があります。お申し込みについては、お問い合わせください。

ご質問はございますか

特徴

真空トライボメータにはいくつかの重要な設計機能があり、同じプラットフォームで幅広いテスト条件を実行できる唯一の市販のトライボメータになっています。
\
特許取得済みのロードセル

静電容量センサーは、ドリフトやデガッシングなしで高真空範囲で機能します。

\
極低温から高温制御

高精度温度コントローラー。 最大-150°Cの窒素極低温冷却チャンバー。 標準の400°Cまたは高出力1000°Cの加熱チャンバー。

\
荷重制御

テスト中のリアルタイムの荷重制御。 これにより自動摩擦対荷重および速度曲線を作成できます。

\
素早く真空到達

45分で10-7 torrの真空に到達します。 真空トライボメータには、ロータリーポンプとターボポンプが統合されています

\
ロータリー&往復動モジュール

最大5000RPMの回転速度、最大6mm / sの線形速度。 正確な動きのための追加のピエゾドライブ。

\
様々なアプリケーション対応のモジュール

同じプラットフォームでスクラッチ、インデント、およびトライボロジーテストを実行できます。

試験環境コントロール

比類のないロードセルテクノロジー

静電容量センサー

真空トライボメータMVT-2には、特許取得済みの多次元静電容量式力センサーが付属しています。 独自のセンシング技術は、比類のない安定性と解像度を提供します。 広い負荷範囲はmNから200Nまで広がります。

真空トライボメータの摩擦測定用静電容量センサー
最高の解像度

テストのわずかな違いを検出するための高解像度

高い安定性

長期間および幅広いテスト条件でのドリフトはごくわずかです。

高い繰り返し精度

トレーサビリティー校正

広いテスト範囲

Rtec真空トライボメータには、様々なアプリケーション固有の構成があります。

テストデータ

ball on diskテストセットアップ 真空トライボメータ テストデータ

データは、真空トライボメータからの摩擦係数の結果を示しています。 表面処理は2つのサンプルで行われました。
Sample 1 – プラズマ酸化物処理。
Sample 2 – 酸化ケイ素処理。

  • 10N
  • 速度4mm / s
  • 0.1mm / s2での加速度。
  • 10-6 Torr

解決策

真空トライボメータは、さまざまな業界やアプリケーションで広く使用されています。

  • 航空宇宙
  • 宇宙
  • 半導体
  • 量子コンピューター
RtecInstrumentsの多機能トライボメーター 摩擦摩耗試験機 MFT-5000
MFT-5000にはさらに多くの機能があります

多機能トライボメータを詳しく見てみましょう。

もっと知りたいですか?

ご質問など、お問い合わせください。

© Copyright 2021 Rtec-Instruments - All Rights Reserved